Aluminium Building Construction

情報で作る、質と質感。他では得られない役に立つクリエイティブスキルやITについて分かりやすく解説したい。

【初心者向け】いまからでも間に合う仮想通貨デビュー!開始方法・記事まとめ

f:id:MOGIE_RISH:20171217225741p:plain

最近はCMもちょこちょこ見かけるようになった「仮想通貨」。

「どうやって始めるのかわからない」 「なんだかよくわからないから怖い」

という理由でずっと様子を見ていましたが、最近は仮想通貨取引のできるアプリがでてきて、「スマホで簡単にできそう?」と思い、遅ればせながら参入をしてみました。

本記事では仮想通貨とは簡単にいうとどういうものなのか、初心者の私がどのような手順で開始したのか、そして、実際に購入した仮想通貨の種類をまとめています。

目次


仮想通貨とは

多くの人が「仮想通貨」や「ビットコイン」と呼んでいるもので、簡単にいえばインターネット上の通貨のことです。 ゲーム内のお金やショッピングサイトのポイントなどと違って、日本円やドルなどの実際のお金と替えられます。 この仮想通貨には実際のお金ともうひとつ違う点があります。

銀行や管理者がいません。

それなのに通貨として成り立っているのは「ブロックチェーン」という技術を理解する必要があります。 ですが、今回は「とりあえずデビュー」することから始めましょう。

「インターネット上の通貨で、日本円と取引ができる」

今はこれだけ覚えておけば十分ですが、知りたい方は下記の記事がおすすめです。

bitcoin-newstart.com


仮想通貨取引のはじめかた

仮想通貨取引アプリ「Coincheck」をダウンロード

まずはアプリをダウンロードするところからはじめます。 アプリは色々ありますが、今回は「Coincheck」というアプリではじめます。

ダウンロードはこちら↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Coincheckとは日本の仮想通貨取引所のひとつで、他にもbitFlyerやGMOコイン、Zaifなどたくさんあります。 たくさんある取引所の中でも、初心者向けで色々調べた結果、Coincheckがよさそうでした。


Coincheckにした理由

  • 不正ログインによる損失を最大100万円まで保証される点
  • 様々な種類の仮想通貨が取引できる点


というところで、万が一のときも安心で、最近「熱い!」と呼ばれている種類の仮想通貨が取り揃っています。 仮想通貨の種類は「ビットコイン」だけではなく、「イーサリアム」や「リップル」や「ネム」というような種類が多くあります。 今は名前を覚える必要はないので、とりあえず「主要な仮想通貨が取引できる!」と思ってください。

慣れてきて「他の仮想通貨も買いたい!」となったら別の取引所を使ってみましょう。

アプリを起動して会員登録

アプリを起動すると下のような画面になるので会員登録をしましょう。 会員登録はFacebookをしていれば簡単にできますが、メールアドレスでも可能です。

f:id:MOGIE_RISH:20171217201453p:plain

この会員登録が終わっても、まだ仮想通貨を買うことはできません。

電話番号確認と本人確認を済ませましょう

この段階が一番面倒くさいです。 ですが、この段階さえやってしまえば、仮想通貨デビューはもうすぐです。

電話番号確認

電話番号確認はボタンを押すとSMSで確認コードが送られてきます。 アプリで確認コードを入れて終わりです。

本人確認

住所や氏名など入力が必要ですが、まずは写真を撮りましょう。以下の3枚が必要です。

  1. 運転免許証の表側の写真
  2. 運転免許証の裏側の写真
  3. 運転免許証の表側と自分の顔が一緒に写った写真


運転免許証がない方は、下記の書類のいずれかにて進めてください。



私は日高屋でラーメンを食っている最中に撮りましたが大丈夫でした。

f:id:MOGIE_RISH:20171217223720j:plain

背景はあまり気にせず、とりあえずちゃんと写っていれば問題なさそうです。

その他の本人確認の入力が完了したら、「本人確認書類を提出する」ボタンを押して終了です。 簡易書留郵便でハガキが到着するので1〜2営業日ほど待つ必要があります。

f:id:MOGIE_RISH:20171217212738p:plain

上のようなハガキを受け取るとCoincheckの全機能が使えるようになります。

ハガキが到着までに先に購入しよう

本人確認書類を提出してしばらくすると「購入」だけは利用できるようになります。 銀行振込やクレジットカードを使って購入してみましょう。


もっと詳細なマニュアルのようなものを読みたい方は下記の記事がおすすめです。

hachi-style.com

年末にかけてほとんどの仮想通貨がどんどん高騰する傾向が見られています。 なんでも良いので購入しておいても良さそうな感じはありますが、特に12月はRipple(リップル/単位:XRP)という仮想通貨がなにかとニュースやTwitterで話題なのでこちらを先に購入しておくと良いかもしれません。


2017年12月現在は毎日少しずつ価格が上がりつつあるので、買うのは早ければ早いほど良い儲かる可能性があります。 ただ、価格が暴騰して上がりきったところで買うのはお得ではないので、少しグラフが下がったところを狙って買うようにしましょう。


5分ごとのローソク足グラフを見て、価格が下がりきったタイミングぐらいで買っておきましょう。

  1. 気になる仮想通貨をタップ
  2. 上部に表示されている価格をタップ
  3. ローソク足 と JPY をタップ

f:id:MOGIE_RISH:20171217214122j:plain

こういう下がり気味のタイミングですね。


すでに1年以上前から仮想通貨をやっている人に聞きましたが、「初心者はあまり深く考えずにとりあえず小さく買えばよい」とのことでした。 買うタイミングを失敗してもいいので数万円ほど買ってみましょう。


買ってすぐ上がることもありますが、「億り人」(仮想通貨で1億円以上利益をあげた人)の方々は長期的に買い足したり、保有していたりします。 すぐに現金にせず、ゆっくり待つというのも戦略なので自分のペースで幅を広げていくのがいいと思います。

ハガキが届いたら

購入以外の送金、売却、出金などの機能が開放されます。 送金や出金をしたいという状況になったら使いましょう。


これで完全に仮想通貨デビューが完了です!

年末以降の動きについて

仮想通貨はものすごく勢いがあり、どんどん知名度があがってきていて、参入する人もこれから増えていきます。 ニュースやTwitterが情報源になりますので、動向をよくみて取引をうまくすすめましょう。 Coincheckのチャットを見ると、リップル、ネム、イーサリアム、リスクがよく話題としてでています。 このあたりを購入しておくと仮想通貨の話がわかってくるのではないでしょうか。


「そもそも、リップルってなに?ネムってなに?イーサリアムってなに?」となると思うので、それはまた購入すると同時に調べてみて下さい。

読んでよかった記事まとめ

仮想通貨を始めるときに読んだ記事の中で、注意点や基礎知識のところで分かりやすく、参考になったものを紹介します。


bitcoiner.link

こちらの記事は仮想通貨で注意するべき点が書かれています。 やはり取引なので損をする可能性もあるので、経験者の知識を吸収しておきましょう。


zenisoku.com

Coincheckのメリット・デメリットをまとめてある記事です。 他の記事で1位になっていたとはいえ、メリット・デメリットを把握しておきたい方はこちらで補完しましょう。


bitcoin-newstart.com

仮想通貨がなぜ長期的に見て上がるのか説明してあります。 こういう記事や人の話を見て、私も始めたので一読するといいかもしれません。


個人的感想「買ってどうなったか」

本記事にあるように私もよくわからないまま、購入してみました。 買ったのは「Ethereum(イーサリアム)」「NEM(ネム)」「Ripple(リップル)」です。 リップルが暴騰する最中に買ったのですが、既に数万円の利益がでています。 下がる可能性もゼロではないですが、これからどんどん伸びるという情報の方が圧倒的に多いです。 私は買い増しをする方向で進めています。


ここまで読んで、自分もやってみたいと思っていただければ嬉しいです。 下のバナーから始められます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

免責事項

  • 本記事にて損を被ることがあっても一切責任はおいかねますので、自己責任でお願い致します。
  • 本記事は私の見聞きした体験によるものです。不確実性もあるため他の記事も読みながら判断してください。